海外FXで噂のXMとは!?口コミ・評価をまとめました。

公式HP

海外FXの業者の中でもいくつか業者がありますが、日本人に最も支持されているのはXMと言われています。

そこで今回はXMの人気の秘密や口座開設など何から何までご紹介しますね。

■XMで口座を開設してみよう!

168e300e1a3fd2cae4510449db1f44d0_s

XMを早速利用するにあたって口座を開設することが大事になります。

しかし、どの口座を選んでいいのかわからないでしょう。XMでは複数の口座があります。

「マイクロ口座」「スタンダード口座」「ゼロ口座」のこの3つです。

それぞれにはもちろん違いはあります。
その違いをどのように見極めて口座を開設したらいいのかということを説明していきますね。

簡単にはスプレッドやレバレッジの違いもありますが詳しくどんな基準で何を選んだらいいのかをこちらにまとめてみました。

複数の口座タイプがそろってる!XMの口座はどれを選ぶべき?

■XMではどんなメリットがあるの?

日本人の支持率が高いXMではなにかしら利用者を魅了するものがあるはずです。

そこでXMの人気の秘密に迫ってみました。

●なんとレバレッジが最大888倍!

国内FXでは最大25倍のレバレッジですが、XMの場合だとなんとレバレッジが最大888倍なのです。

このレバレッジがどのように関係していくのかというと例として1$=108円とします。

そこで国内FXの最大レバレッジ25倍の場合、1万通貨のポジションにするには「43,200円」ほどの資金が必要になりますよね。

しかし、XMでレバレッジを888倍にすると、なんとたったの「1,216円」で同じポジションを保つことができるのです。

詳しくはこちらを参考にしてください。
海外FX業者のXMのレバレッジは888倍!どんなお得なことがあるの?

●我々日本人も安心して使えるサポートつき!

セミナー

海外FXの業者を利用すると「すべて英語なのでは?」「なにかあったときに英語だったらこまる…」という心配事が増えてきますよね。

そこでXMはそういった日本人の不安を解消すべく安心して利用してもらえるように充実した日本語サポートを行っています。

各口座に15名のスタッフがいてしかも24時間対応をしてくれるのです。
それなら私たち利用者も安心して取引をすることができますよね。

さらになんとXMは日本語対応のライブチャットでも対応してくれるのです。

こちらは迅速な対応をしてくれるのでリアルタイムで連絡をとりたいときにはこちらのシステムを使うことをお勧めします。
XMは日本語に対応している?海外FXには英語は必須じゃない!

●追証なし!安心のゼロカットシステム!

実はXMでは追証がないのです。
それに伴い、口座残高がマイナスになることはありません。

なぜならばXMではゼロカットシステムを導入しているからです。
ゼロカットシステムとは儲けることができるためのシステムではありません。

儲けよりも大きな損失を出さないためにあるシステムのことを指します。

取引に失敗したときに大きな損失がでてしまったときにこのゼロカットシステムは役に立ちます。

これがゼロカットシステムのメリットです。

●利用者にやさしい!XM!

実は2015年に起こったスイスフランショックというものがあります。
ユーロスイスフランが2000pips以上も下落してしまったのです…。

多くの業者が多額な損失をだし倒産してしまったことも。

しかし、XMではその金額をトレーダーに請求しなかったのです。

こうした思いやりがある業者も嬉しいですよね。
XMに追証はある?海外FXで怖い口座のマイナスはありえるのか

■XMはどんな人におすすめ?

XMは初心者の方におすすめです。

●無料ウェブセミナー開催!

FXを学びたい方のための、無料ウェブセミナーも開催されています。

ウェブのセミナーですからわざわざ足を運ぶこともないので自宅で簡単に受けることができますね。

もちろん日本人講師によるセミナーですから日本語で講義をしてくれるので集中して学ぶことができます。

●ノーリスクで取引したいあなたに!

XMで口座開設をすると5000円ボーナスで実際にリアルマネーではなく入金することができます。

よってリアル口座でノーリスクの取引を行うことが可能です。

利用者に優しく使いやすい支持率NO.1

やはり海外FXの業者は使いやすさが一番ですよね。

自分が取引しやすく、いかに損をしないかという点でも業者選択は重要になってきます。
そこでみなさんの助けにもなるのがXMと言ってもいいでしょう。

もし、これから取引をしたい、海外FXの業者を利用してみようという方は日本人の支持率NO.1のXMを使うことをおすすめします。

まずは口座開設から行ってみましょう。